どうも、Twitter:ぼり@板前ライターです!

先日、Twitterにてこんな募集をかけてみました。

そして最後のご依頼として頂いたのがコチラ!

ばっちょさん、ご依頼ありがとうございます!

みんな大好き、豚の角煮きたー!

みんなに人気の豚の角煮!(ぼくが好きなので完全に勝手な解釈)

クックパッドを見ればいろんなやり方が載ってるけど、

「みんなややこしく作るな〜」と思ったのでぼくなりの最短ルートを公開します。

    • 生姜と長ネギを入れるとか豚バラにおからを塗って蒸す
    • 下茹で後に1度冷凍する

等、こだわりだせばいろんな手法がありますがあくまで鍋1つで「簡単」にこだわった方法です。

*ただし調理時間はまあまあかかります。

 

では早速いってみましょう!レッツ、クッキン、グー!!!

豚の角煮に必要なもの(贅沢な5人前)

材料

  • 豚バラブロック   1kg
  • 鶏卵        5個

調味料

  • 水         1L
  • 酒         100ml
  • 醤油        100ml
  • 味醂        100ml

道具

お鍋ひとつのみ!

あ、あと包丁。
あ、もうひとつごめんなさい、最初だけフライパン使わせてください。

豚の角煮の作り方

今回は大量仕込みで作ったので豚バラブロックは1kgあります。

角煮は冷凍しても質が落ちないので、できるだけ大量に仕込んでおいて、小分けに冷凍したらめちゃくちゃ使えます!

豚バラの脂肪に醤油を塗る

まずは表面の脂肪の部分にハケでもティッシュでもいいから醤油を塗ります。

醤油を塗って1度焼く事でキレイな模様をつける為の作業


こんな感じでOK!

豚バラを焼く

次に油を塗って火にかけ、熱して油をひいたフライパンに醤油を塗った部分を下にしてそのまま投入。

30秒ほどしたらこんな感じになる。

そのままの鍋に鍋にたっぷりの水を入れる。

豚肉を下茹でする


途中で水がなくなって豚肉が水面から出てきてしまったら水を追加する。

2時間程したら箸で刺してみて抵抗なく通るようであれば下茹で完了!

ここで鶏卵を投入。さらに10分茹でる。

豚肉を冷まして切る

鍋ごとシンクに持って行き、水にさらす。
手でも触れる程度まで冷めてきたら豚バラを
バット(皿でもなんでもいい)に移してそのまま冷蔵庫へ。

この作業は必須。これをやらないと「角煮」になりません!


冷ましている間に調味料合わせとゆで卵の殻剥きを済ませておく。

豚肉を煮込む

1時間もすれば冷めるので冷え固まった豚肉を好きな大きさに切る。

冷ましている間に合わせた調味料に豚肉を投入して火にかける。


沸騰したら中火程度にして好きな味の濃さになるまで煮詰める。
(30分程度)

*味付けの分量自体は煮詰める事を前提に少し薄めに設定してあります

好きな味になったら保存容器にゆで卵と共に入れる

*ゆで玉子は煮込む必要はありません


上からリードペーパーやラップなどをかぶせてじっくり常温になるまで

冷めたら完成!!あとは食べたい分だけ改めて加熱すれば本格的な豚の角煮が食べられます!


是非おためしあれ!!

まとめ

実際の調理には合計で3時間程度かかりますが、

  1. 下茹で    2時間
  2. 冷やし    30分
  3. 煮込み    30分
    といった感じなので「時間」にさえ余裕があればほぼほったらかしです。

豚の角煮のチェックポイント

  • 最初の醤油は「色付け」なので味には関係しない
  • 1度冷やして固めてから切る事でまさしく「角」の立った角煮になる
  • 煮物は冷える時に味が染み込むので「翌日」食べると美味しい
  • 味付き玉子は暖かい煮汁に放り込むだけでできる
  • 腐りやすいものを使っていないので冷蔵庫に入れておけば1週間は保存可能

 

まとめ


細部にこだわり出せば上限なく作業は増えていきますが、ざっくり作ってもこれだけのクオリティは実現できます!

以上、ぼりでした!