ぼりです!

夏祭りの屋台とかでみる紙コップに入った唐揚げ、めっちゃうまいですよね!
ぼくがお祭りに行く目的は「おみくじ」と「唐揚げ」の2つだけでした。

そして大人になって料理人となった今、ようやくその唐揚げを自分で作ることができるようになりました。

超幸せ。ではでは。

屋台の唐揚げの作り方

材料、手順、ポイントに分けて説明していきます。
「たったひと手間」というからにはややこしい作業も道具もいりません。

屋台の唐揚げに必要な材料

  • 鶏モモ肉(唐揚げ用)

漬け込みダレ

  • 酒  100cc
  • 醤油 100cc
  • チューブにんにく 少々
  • いりごま

屋台の唐揚げの調理手順

油に火をつける(これがまず最初。弱火でつけときましょう)

ひとくちサイズに切った鶏肉を漬け込みダレに放り込んで10分

タレから鶏肉が浮かないように上からラップをかぶせる

ザルにあげてごまをふる

片栗粉をまぶして170℃の油でゆっくり揚げる

しっかり火が通ったら最後に火力を上げて周りがカリッとなるように仕上げる

完成!!
チェックポイント

  • 鶏肉を漬け込みのタレから取り出したら早めに揚げる(醤油の塩分のせいで水気がでてきて味が薄くなるので)
  • ごまはタレから取り出してからふる(タレにのこったらもったいないので)
  • 衣は片栗粉オンリー

さいごに

屋台のなんともなつかしい味のする唐揚げできました。
相変わらず揚げ物ってうめーな…

これはぼくが「ひと手間」で「本格的」を目指したレシピです。
こちらの記事にはクックパッドから厳選したいろんな鶏の唐揚げレシピはまとめてあるので、参考にしてみてください!

以上、ぼりでした!